私の好きな題詠blog2010(その43)

043:剥(わたつみいさな) (あした、たとえば雨でいいから)
正義とか考えているバス停でピンクチラシも剥がせずにいる

043:剥(黒崎立体) (はしる)
背中から剥がれた羽根に気付かずに少女は角を曲がっていった

043:剥(飯田和馬) (短歌手控え~題詠blog用)
化けの皮剥がしてください犬色の毛布の下で小さく叫ぶ

043:剥(蓮野 唯) (万象の奇夜)
タマネギの皮剥くようにいつまでも本音出て来ずイライラとする

043:剥(ともの) (orquesta tipica -題詠blog2010-)
日光も剥がれて落ちる八月に君を待ってた、新南口

043:剥(わだたかし) (ファミレス短歌)
傷はもうとっくに癒えたはずなのに絆創膏は剥がせずにいる

043:剥(小林ちい) (ゆれる残像)
剥製と目が合ったから君の手を握り損ねる小さな駅で

043:剥(志岐) (日々の徒然)
手に取った梨の実一つ剥く前に 母に告げるは丸き(まろき)よもやま




スポンサーサイト

FC2カウンター

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

小倉るい

Author:小倉るい
・10月3日生まれ  天秤座 O型
・啄木のふるさとに住んでいます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最新トラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク